美容施術で目の下のクマも治る│症状に適した治療を行なう

ウーマン

PRP療法で若返る

女性

美容皮膚科で行われているPRP療法は、本人の血液から血小板を採取し、再生したい部分の皮膚に注射する治療法で、シワやたるみを解消する効果が期待できます。効果には個人差があり、持続期間は1〜2年ほどです。

詳細へ

白い肌に戻す治療

鏡を見るレディ

メラニン色素と血行不良

クマとは、目の下に生じる肌の変色のことで、これは原因や色合いの違いにより2種類に分けられています。まずは茶色のクマで、これは肌がスキンケアやメイクなどによる刺激を受けることが原因となっています。肌にはメラノサイトという色素細胞があるのですが、メラノサイトは刺激を受けると活性化し、メラニン色素を作り出します。このメラニン色素が沈着することで、茶色のクマができるのです。もうひとつが青色に近い暗い色合いをしたクマで、これは血行不良によって生じます。血液の流れが滞ることで、目の下に多くたまり、それが透けて青く見えるようになるわけです。このように原因は異なっていますが、どちらのクマも美容外科でのレーザー治療で除去することができます。レーザーを照射すると、その熱でメラニン色素は排出されやすく、血液は流れやすくなり、その結果肌の白さが蘇るのです。

肌の厚みを増やす効果

メラノサイトも血管も、全身に存在しています。しかしこれらによる肌の変色は、目の下で特によく生じます。額や頬や顎など、顔の他の部分では、まず生じることがないのです。なぜ目の下でばかり生じるのかというと、目の下の皮膚が、他の部分の皮膚と比べて薄いからです。その分刺激を受けやすいので、メラニン色素が多く作られますし、たまった血液も透けて見えるようになるわけです。逆に言えば、目の下の皮膚の厚みを増やせば、刺激を受けにくくなりますし、血液も透けにくくなるということです。そして美容外科でのレーザー治療では、まさに皮膚をそのような状態にすることが可能となっています。レーザーの熱で肌細胞が活性化すれば、コラーゲン繊維が増えることで、肌の厚みも増していくのです。そのためレーザー治療には、クマの除去における二重の効果があると言えます。

老けて見える女性の敵

ウーマン

しわは加齢の他、乾燥や紫外線を浴びることなどが原因で増えてしまいます。日頃からうるおいを与えるスキンケアを行いましょう。外出時はもちろん、室内でも日焼け止めを塗ることや、UV効果のあるものを取り入れるなどして紫外線対策を行いましょう。

詳細へ

若返りのサーマクール

シニア女性

美容クリニックの切らない若返り法がサーマクールです。サーマクールは高周波の熱でコラーゲンを刺激し、しわの引き締めやたるみのリフトアップができる治療です。治療を受ける場合はサーマクール認定ドクターがいるクリニックを選ぶことが大切です。

詳細へ